第11話「ホカホカご飯」

≪最初 <前へ Sec.5 いまさら「デ・ジ・キャラット」? 次へ> 最後≫
第11話「ホカホカご飯」
 内容は無いが神回。繰り返し何度も見るほど味がある回ですね。安穏な夢の浮遊感と、ホカホカご飯へ収束する圧倒的重力。夢から覚めると、そこは夢が滲み出したかのようなシュールな日常。行きつ戻りつを繰り返しながらも、次第に日常は日常性を回復し、夜は明けます。あるいは、初めから朝方の話の可能性も高い。野望達成のため健気に頑張るでじこ。一人になれば、ぷちこに優しく声を掛けることも出来るんです。まだまだ不器用なだけなんです。10才なんだから。